2017年8月14日月曜日

かんだた

アトリエの窓のすぐ近くに、ジョロウグモの巣が張ってあった。

うまく写らず糸の写真はありません。
しかし、これはいつまでも見れる。
この幾何学模様は、終わりを感じさせない。
どことどこの糸のバランスや関係性を見ても、一片の破たんも感じないのがすごい。
未来の絵の巨匠・シドミードも、
具象的な未来のランドスケープを描くかたわら、
ほとんど幾何学的な抽象画のようなドローイングを重ね続けたものに、
共通するものを感じる。


0 件のコメント:

コメントを投稿

こけこっこ

十二支制作とちゅう。ぶぶん。 十二支の鳥獣戯画に向かっているが結構気をもむ。 なぜならこの数日間作品が一作も完成しないブランクがあるから。そのうえ、最初の計画通りには絵が進んでいない事と、もしかしたら現段階でも大失敗もするかもしれない絵にも思えてくるから・・・・。...