2018年2月10日土曜日

けもにっき

ピョンチャン始まったね。
いさかいばかりの昨今の東アジアにおいても、平壌とさほど離れていない所ででも、
選手も首脳もみんな集結という、奇妙な感じの大会が開かれた。
にしても、結構南の国の人も参加してるんですねー。
インドとかブラジルとかマレーシアとか。
人数こそ多くはないけれど、練習する施設やインフラがだんだんできているのでしょうね。


2月10日 アクリル 158×227㎜
「花瓶の前に立ちはだかる理希」


顔料は鮮やかでも乾くとカサカサしているアクリルを油彩なみの厚みに載せるのはコストもかかるし、
グラデーションメディウムやジェルやら何やらを使っても、同じようなマチエールにはどうしてもなりません。塗った色の隣同士がどうしてもまとまりがないのです。
今までわりとどの絵具を使ってもおんなじタッチに近く描いている気がしますが、やっぱし画材の違いを大きく意識して、使い分けをしなおすべきなのだろうかと改めて感じる事がある。
でも、アクリルの場合、水性であり、乱れたテクスチャーを初めの段階で簡単に作れて、瞬時に乾くので次の作業にとっかかり易いという事もあるので、油絵具を乗っける前には結構重宝しています。
この際、アクリルを初めに厚ぼったく塗るのはお勧めしません。油を塗った時、ひび割れする恐れがあるからです。


何パーセントか擬人化の入った童顔の理希。
身内がお祝いでもらった後ろのバラ、現物は弾丸でも飛んでくるかってくらい敷き詰められてます。
絵にはほとんど見えませんが、古い灰色の花瓶は、その大きさとデザインはバラとは完全にミスマッチwほかに花瓶がないから致し方なし。
なんか、どこかのおばさんが、派手にバラ色でパンチパーマを決めているような感じだったw

その前に理希がでんと居座る。花瓶の絵を理希が邪魔してるのか、理希からいっそけんめ顔を出そうとしてるのか。


4 件のコメント:

  1. 赤いバラの花束と理希ちゃんを一緒に描いてくださってありがとうございます。渡した者として、とても嬉しいです。
    毎日ブログ拝見して、作品を楽しみにしております。

    返信削除
  2. こんばんは!
    いつもご高覧いただきありがとうございます。
    お祝いはバラを始め、沢山いただきました。ありがとうございました。
    某活動で毎年身内はお花を頂いてますが、今回のはみんな凄いです。
    なかなか見られるものではありません。花も綺麗なんですが、
    葉っぱのきめ細やかさにも目を奪われました。

    返信削除
  3. いろんなところにりきちゃんが登場するのでうらやましいです。なんと贅沢なお猫様でしょう。ところで「なによ」ってなんでしょう。

    返信削除
  4. パインさん>
    理希は溺愛を独り占めです、
    自分が声をかけると可愛く返事もするのですが、
    構いまくると「なーにーYO-!」って意味で言ってる気がします笑

    返信削除

10月20日

アクリル・SMサイズ 犬や馬とか描いてると思うけど、 自分が擬人化とか云々手を加える前に、 勝手に人の顔っぽくなってくれているもんなんだよなあ。別に自分がどうこうしなくても。