2018年3月2日金曜日

3月2日

3月2日 水彩 242×333㎜
「建築学的理希デザイン画―ヨーロッパの古城」


明日はひなまつりだったかな?
いずこで見たつるしびなは綺麗だった。

個展に向けての作品も、小作の方は
結構数が行って、大作や時間のかかる作品を
制作する目処がそろそろ立ちそうです。
また建築学的理希の石粉粘土いじって遊びたいなあ。

左の絵はそのデザイン画。
ヨーロッパの古城のイメージです。
隆起した丘の上に立ってる感じなので、
まず土台からして大きいし、
石粉粘土は何袋ほど必要になるのやら。
10や20なんてもんじゃないですよ。
いつだか実現させたいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

大学教授

「大学教授」 ドローイング このシリーズもいいかも。 天使と悪魔などの、 ロバート・ラングドン教授みたいなイメージ。