2018年3月8日木曜日

続いて投稿

3月8日 水彩 242×333mm
「宝石でできた理希」
続いての投稿。

そのタイトル通りのコンセプトです。

当方水彩画では、
油絵感覚で透明・不透明両方使います。
不透明の方は、宝石の絵にふさわしい発色の優れる絵具をふんだんに盛り込んでます。

カドミウムレッド
カドミウムイエロー
カドミウムグリーン
カドミウムオレンジ
コバルトブルー(純正)
ウルトラマリンブルー
ターコイズブルー

パレットにはエリート集団がぞろぞろ。
一人で勝手にウキウキしちゃっております(笑)
でも次に宝石を描く時は、白地に透明絵具をそのまま重ねた方が効果的かな・・・・、
これはひとつの練習作という事で、
大きい作品に別に「宝石でできた理希」に取り組みたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

こけこっこ

十二支制作とちゅう。ぶぶん。 十二支の鳥獣戯画に向かっているが結構気をもむ。 なぜならこの数日間作品が一作も完成しないブランクがあるから。そのうえ、最初の計画通りには絵が進んでいない事と、もしかしたら現段階でも大失敗もするかもしれない絵にも思えてくるから・・・・。...