2018年5月3日木曜日

猪苗代行ってきた。

5月2日 アクリル 
諸橋近代美術館行ってきました。
ダリ、エッシャー、福田繁雄展です。
外は霧で湿っていて、近くのキャンピングの
バンガローなんかでは湿気で虫がわさわさ湧いていそうな感じでも、テントを張る人も。レジャーなのにいい天気じゃないね。
発ち込める霧のお外に水彩画を放置したら、ドロドロに溶けてそうな感じ。

エッシャーの球体を持った自画像なんかは有名ですね。「昼-夜」等は、大地に広がる田畑のように既に形を成している具象をうまく利用して変形させる事でトリッキーな絵に仕上がっています。

もっとゆっくり鑑賞したいのですがGWなのでやはり人が混んでいて・・・・、
周囲の人に気を取られてしまうので、一対一のように鑑賞できなかったのが残念でした。
福田繁雄は確か高校生のころ反戦のポスターで知りました。どうでもいいですが娘さんの福田美蘭さんの個展も東京都美術館で見た事があります。
エッシャーにしろ福田繁雄にしろ、その当時ならパッと来るアイデアだったかもしれませんが、
奇抜なアイデアとくると、世のなかの絵がみんなそんな感じになってしまっているので、ここに展示されていたものではあまりピンとは来ません。こういう美術館に来ると、自分の絵を隣に並べたとき、見劣りしないかどうかという事を常に意識してしまいます。それにしたって、没後30年以上になる物故作家と仮に絵のレベルが近かったとしても、この時代で同じ様に通用するわけ無いんだからねえ。。。はあ、作者というのは、常に新しさ(先見性?)を求めなくてはならない。

2 件のコメント:

  1. ダイナミックなタッチに柔らかいはだと目力のある絵にくぎ付け‼

    返信削除
  2. ありがとうございます~。
    次は犬で同じような事しようと思っております。

    返信削除

10月20日

アクリル・SMサイズ 犬や馬とか描いてると思うけど、 自分が擬人化とか云々手を加える前に、 勝手に人の顔っぽくなってくれているもんなんだよなあ。別に自分がどうこうしなくても。